ブログ

上棟2日目 采女町

上棟2日目の今日は、風の強い1日でした〜

屋根仕舞いまで来ました〜

明日から屋根瓦工事と、造作工事に進みます。どうぞ宜しくお願いします。

 

采女町 上棟

日毎温かな日が多くなり、活動しやすくなってきました。

また、花粉を気になるシーズンでもありますネ…

コロナウィルスと花粉と…

ますますマスクが手放せません(((||゚Д゚)

さて、気候の良い本日、采女町にて上棟を行わせていただきたいます。

ケガや事故に気をつけて工事を進めさせていただきます。

イベントのお知らせ

2月27日・28日 完成見学会開催

「子育て世代のゆったり平家」

会場:鈴鹿市西庄内町

時間:10:00〜16:00

家族みんなが暮らしのすみずみまで、快適に暮らせる住まい。

建築を考えている方へは、住宅ローン相談会、ファイナンシャルプランナー(FP)相談もご予約いただけます。

ぜひ体感、見学会下さい。

 

#高機密高断熱 #ゼロエネルギー住宅 #平家 #子育て世代 #耐震等級3 #地震に強い家 #山田製材 #EcoLive

カーテン打合せ H様

昨日まで冬型の気圧配置で、朝は薄ら雪が積もっていましたが、今日の日中は温かな良いお天気になりました。

今日は、来月完成見学会を行わせていただく予定のH様邸のカーテン打合せにSRをお借りしました。

うぁぁぁーいっぱい並んでます。

これは悩みますネ(o´罒`o)♡

生地の厚みや遮光タイプや色、柄など、選ぶ基準は様々です。

カーテンのお手入れなどがし易いと、便利なのかな?しかし、カーテンはどのくらいの頻度で洗濯しますか?

毎日見ていると気づきませんが、意外に汚れています。

厚地のドレープカーテンは、水を吸うと結構な重さになりそうです。

レースのカーテンは、水切りも早く扱いやすそうです。

先ずは、ラベル表示を確認して洗濯可能か確かめましょう。

洗う前には、ほこり・カビなど取れる汚れを取ります。

フックを外し、カーテンをジャバラ状に畳んでネットに入れます。

それぞれの生地の選択ラベルの表示に従って洗う。

脱水後、直ぐに形を整えて、カーテンレールで吊り干し。

カーテンの素材によっては、クリーニングの方がいい場合もあります。

特に紫外線などによって生地が弱くなっているものは、洗濯の際に破れる可能性もありますので、ご注意下さい。

カーテンなどの布は、部屋の匂いを吸いやすいので、お洗濯するとお部屋の匂いがリフレッシュされますね!

コロナ禍のおうち時間に、お家のカーテンを一度に洗うと疲れてしまうので、月ごと、曜日ごと、季節ごとなどで、順番にお洗濯してみるのも良いですね(o^-')b

初夏にかけて、計画を立てて見るのもいい考えですね♪

階段設置 高角町Kさま邸

昨日、東北地方で大きな地震がありました。

震源に近い所では、停電や断水、火災が起こり、また今日は雨降りで、屋根の補修や養生がされている映像を見ました。

コロナ禍、避難所で余震の心配をしながら、たくさんの方が、気が休まらない日を過ごされている。被害に遭われた方の心痛は計り知れません。謹んでお見舞い申し上げます。

 

高角町Kさま邸では、本日 階段が取付けられました。

造作、太陽光パネルの設置、外壁と工事が進んでいます。

耐震等級3、ZEH(ゼロエネルギーハウス)、高機密、高断熱、免疫住宅の完成見学会の予定は4月末頃になります。

 

できることから始めよう SDG's

貧困、紛争、気候変動、感染症。

人類は、これまでになかったような数多くの課題に直面しています。
このままでは、人類が安定してこの世界で暮らし続けることができなくなると心配されています。
そんな危機感から、世界中のさまざまな立場の人々が話し合い、課題を整理し、解決方法を考え、2030年までに達成すべき具体的な目標を立てました。
それが「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)」です。

持続可能とは、何かをし続けられる、ということです。
SDGsは、私たちみんなが、ひとつしかないこの地球で暮らし続けられる
「持続可能な世界」を実現するために進むべき道を示した、ナビのようなもの。

私たちは、持続可能な社会を目標に活動を行います。

 

地球が私たちの家 SDG's

TOP