熱中症に気を付けて!

地球温暖化にともない、近年ニュースになっている熱中症。
夏の強い日射しの下で激しい運動や作業をする時だけでなく、身体が暑さに慣れていない梅雨明けの時期にも起こります。

また屋外だけでなく、高温多湿の室内でも発症します。症状が深刻なときは命に関わることもありますが、正しい知識があれば予防することができます。

熱中症を知り、自分でできる熱中症対策を心がけましょう。

お茶やアルコールには利尿作用があり、身体の中の水分を外に出してしまうため、水分の補給に適していません。また、汗には塩分(ナトリウム)などの電解質(イオン)が多く含まれているため、水だけ補給しても熱中症の予防にはなりません。0.1%~0.2%の食塩水やイオン飲料、経口補水液を摂るようにしましょう。

 

建築現場も毎日暑いです。

職人は現場を進めてくれています。

もうすぐお盆休み、工事が急がれますが、事故や怪我の無いように工事を進めさせて頂きます。